WAZO TRAVELS トップページ  >  ミャンマービザ取得 ビザ申請

ビザ申請方法 Visa

ビザ申請・取得方法  2014年9月現在

ミャンマーへの入国には、ビザが必要です。
最近出発間近で査証申請する方が増えておりますが、大使館都合や気象状況などにより予定日よりも返却が遅れる場合もあります。申請には余裕をもって行ってください。
ミャンマー近隣国(タイ、マレーシア、インドネシアなど)でも申請は出来ますが、国により事情は異なりますので、事前に日本にて申請されることをお勧めします。

ビザ申請及び申請時間
申請時間 月曜~金曜 9:00~12:00
受領時間 月曜~金曜 15:30~16:30
(上記、大使館カウンター申請の場合のみ)

必ず、下記の大使館サイトにて、最新情報をご確認下さい。

ミャンマー連邦共和国大使館、ビザ申請要項のWEBサイト
(http://www.myanmar-embassy-tokyo.net/visainfo/Japanese-Visainfo.htm)

ミャンマー連邦大使館 休館日 (別ウィンドウで表示されます)

以下のいずれかの方法でビザを申請して入国して下さい。

1.東京のミャンマー大使館にて出発前に事前取得(郵送または大使館へ直接持参)
2.代行業者や旅行代理店経由で申請
3.各国のミャンマー大使館にて取得
4.アライバルビザにて取得(ビジネスビサ・入国ビサのみ。観光ビザのアライバルは事前取得が必要です。)
  (なお、アライバルビザは100%取得できるものではありません。 審査の結果、入国不可となる場合もあります。 )
自国にて、在ミャンマー大使館がある場合は、渡航前に必ず事前取得をしてください。

1.観光ビザの申請方法

  1. 観光ビザ申請用紙 1通(写真貼) ※署名をお忘れなく → ダウンロードページ(在ミャンマー大使館)
  2. カラー証明写真 (6ヵ月以内撮影35mm x 45mm) 1枚 (申請用紙に糊付けして下さい))
  3. パスポート(6ヶ月以上の有効期限とビザ捺印用2ページ以上が残っていること)
  4. 職業証明書 -以下よりいずれか-
    ・名刺(オリジナル)
    ・在籍証明書(手書き不可、社判、代表署名要)
    ・休暇証明書(手書き不可、社判、代表署名要)
    ・社員証コピー(写真付のもの)
    ・源泉徴収書コピー
    ・在学証明書コピー(学生対象)
    ・非課税証明書(主婦、無職者対象)
    ・営業証明書(経営者対象)
    ・会社履歴事項全部証明書(経営者対象)
    ・年金受給通知書コピー(年金受給者対象)
  5. ミャンマー滞在中のスケジュール表(出入国フライト、訪問地、滞在ホテル等)
  6. 返送用封筒(切手貼付、住所氏名明記)の上、書留、簡易書留 又は「ゆうパック」の返信用封筒を同封してください。(切手貼付、住所氏名明記)

高校生以下の方が保護者の同伴なく渡航する場合は保護者の同意書が必要です。
観光ビザの有効期限は発行日から3ヶ月、必ず3ヶ月以内に入国してください。
滞在期間はミャンマーに入国した日から観光ビザは最長28日間です。
メディア関係の方が観光ビザを申請する場合は、観光目的の渡航であり取材活動をしない旨を記した誓約書及び、会社からの休暇証明書が必要です。

 

2.商用ビザ申請要項

  1. 商用ビザ申請用紙 1通 ※署名をお忘れなく → ダウンロードページ(在ミャンマー大使館)
  2. カラー写真 1枚(35mm×45mm 6ヶ月以内撮影)上記の申請用紙に貼ること。
  3. パスポート(6ヶ月以上の有効期限とビザ捺印用2ページ以上が残っていること)
  4. 勤務先からの英文推薦状(Company Recommendation)1通
    社内での氏名、立場、渡航目的、訪問期間、訪問地訪問先会社名又は機関名、渡航費用の保障と滞在中ミャンマーの法律を厳守する旨等明記。会社レターヘッド用紙を使用。 代表者が署名し社印を押す。
  5. ミャンマー受入先企業又は団体からの招聘状1通
  6. シングル(一時)商用ビザを一年間に3回以上取得された方は、初回6ヶ月有効数次商用ビザを、次回より1年間有効数次商用ビザを申請いただけます。
    数次商用ビザの申請には、上記書類のほかに MJEV Business Data Form(数次ビザ質問書)-カラー写真添付-が必要になります。

商用ビザの有効期限は発効日から3ヶ月、必ず3ヶ月以内に入国してください。
滞在期間はミャンマーに入国した日から10週間です。

 

3.入国ビザ申請要項

  1. 商用ビザ申請用紙 1通 ※署名をお忘れなく → ダウンロードページ
  2. カラー写真 1枚(35mm×45mm 6ヶ月以内撮影)記入済み申請用紙に糊付けして下さい。
  3. パスポート(6ヶ月以上の有効期限とビザ捺印用2ページ以上が残っていること)
  4. 勤務先からの推薦状(Company Recommendation) 1通
    社内での氏名、立場、渡航目的、訪問期間、訪問地、訪問先会社名又は機関名、渡航費用の保障と滞在中ミャンマーの法律を厳守する旨等明記。
    会社レターヘッド用紙を使用。代表者が署名し社印を押す。
  5. ミャンマー受入先団体からの招聘状1通
  6. 留学生は入学許可証、一時帰国中の留学生は再入許可証を提出する
  7. 瞑想ビザ申請者は、ミャンマーの瞑想センターから期間、氏名、旅券番号が明記されたサイン入り受け入れ承諾書を提出する(手書き不可)
  8. ソーシャル(ミャンマー人の家族、元 ミャンマー人) ビザ申請者はミャンマー人配偶者のパスポートコピー、戸籍謄本、Request Letter (ミャンマー語),

ビザ申請代金支払い方法(振り込み先)

ビザ代金は、銀行振り込みのみの受付となっています。インターネットによるお振込みはできません。

●ビザ申請料金振込先●
大使館指定の下記口座にお振込みください。

ミャンマー連邦共和国大使館
三井住友銀行 五反田支店
当座 4035008
※一度振込まれた料金は返金できません。
※パスポート受け取りの際に振込み明細書のオリジナル(原本)を提出してください。

申請書郵送先

〒140-0001 
東京都品川区北品川4‐8‐26
ミャンマー連邦大使館 ビザ係
TEL 03-3441-9291
FAX 03-3447-7394

 

ミャンマー西日本ビザセンター
WEBサイト(http://www.mmrvisacentre.sakura.ne.jp/)

ビザはミャンマー西日本センターでも申請、受領できますのでご利用ください。ビザ申請代金は大使館での申請代金と異なります。
ミャンマー西日本ビザセンターに直接お問い合わせください。
連絡先: 550-0005 大阪市西区西本町1-11-7 エイトビル西本町3F     
ミャンマー大使館公認西日本ビザセンター
電話 / 06-6536-9002

弊社ではビザ申請のみの受付はしておりません。
現在、多数のお問い合わせを頂いており、オペレーションに支障をきたしており、 ビザ代行申請のお取り扱いはしておりません。 悪しからずご了承ください。

 

PAGE TOP

WAZO TRAVELS トップページ  >  ミャンマービザ取得 ビザ申請